憧れのぱっちり二重になりたいなら大阪の二重整形の種類を知っておく

SITEMAP

眼

二重整形の種類について詳しく

実は多くの方がやっている二重整形。一言で二重整形と言っても、種類があります。まぶたを切るものと切らないもの。やり方も全く違いますし、それぞれの手術方法の効果やリスクも異なります。ここでは二種類の二重整形法をご紹介します。
☆切らない二重術(埋没法)
いわゆる、プチ整形と言われているものはこちらになります。目元を切ることはせずに、医療用の針と糸を使い二重をつくる施術方法です。麻酔をするので術中の痛みは少なく、約10分で終わります。短時間で終わる手軽さが人気ですが、何かあったときに糸が切れてしまうと一重に戻ってしまうというデメリットもあります。使う糸の本数や糸のかけ方によって持ち具合やダウンタイムも異なります。
☆切る二重術(切開法)
一方でまぶたにメスを入れて切開したラインで二重を作るというのが切開法。埋没法に比べると怖いなどのイメージもありますよね。しかし余分な皮膚や脂肪を取り除くこともできますので、しっかりとした二重に仕上げることができます。施術時間は30分程度ですが、切開法は埋没法以上にまぶたが腫れます。ピークは一週間、完全に腫れが引くまでは1~2か月かかりますので、タイミングは医師と相談する必要があります。

イチオシ情報

メニュー

TOP